ICCトヤマの活動

令和元年 分科会 『和に親しむ』

日 時 令和元年9月25日(水)
令和元年10月2日(水)
場 所 第1回目会場 : 小泉家
第2回目会場 : ウイングウイング6F
参加人数 第1回目会場 : 11名
第2回目会場 : 14名
全体の様子

分科会

身近にあるお茶や和菓子を勉強する分科会を催しました。

第1回目は、高岡市にある重要伝統建築物である築130年の小泉家奥座敷にて行いました。
講師は、裏千家小泉社中三代目 小泉宋昇氏さんです。
茶席におけるしきたりの背景や文化についての座学をしていただきました。
挨拶ひとつ、お茶碗の拝見の仕方、座布団の使い方すべてに理由がありました。
全てのおはなしに「へぇ」と感心する声があがりました。
私たちが良く知っているお茶は「薄茶」というもので、それ以外に「濃茶」があります。
お茶の世界では、「濃茶」を美味しくいただくことが重要で、そのために懐石料理やお酒を飲んで準備をするそうです。
濃茶の茶葉は、100グラム数千円という高級なものですが、飲ませていただきました。
普段とは違う濃厚なお茶でしたが、とても美味しい味でした。

第2回目は、ウイングウイング6Fのオープンキッチンで行いました。
創業140年の和菓子店「井上菓子舗」の井上ゆかりさんを講師にお迎えしました。
練り切りは風流で優美な見た目のため宴席やおもてなしに重宝されてきました。
自然や季節を感じられるよう、または有名な和歌にちなむ等、ハレの日を飾るため感性を刺激するように、美しく作られていると教えていただきました。
年末には、皇室の歌会始の題にちなみ「お題菓子」が作られるそうです。
今年の「お題菓子」をみてお題を考えましたが、難しくて誰も正解にたどり着けませんでした。
色々と教えていただき、和菓子屋さんを見るのが楽しくなりそうでした。

座学の後は、実際に練りきりを作りました。
餡に触れる時間が長いと手の熱が移るので、手際よく作らなければいけません。
菊の花の練切りでは、均等に線を刻み花弁を作ります。
鹿の子では、小豆などを中心から時計回りに、美しく配置します。
きんとんでは、そぼろにした餡を箸にすくうように付け、差し込んでいきます。
先生のように綺麗に出来なくても無心に楽しく作業できました。
素敵なお菓子が作れて、大いに満足した日になりました。

分科会の様子

反省点など

お茶の先生、練切りの先生ともに充実した座学の内容でした。こちらがどれほど、その世界について無知であるかをお伝えしていたので、広く浅く楽しくおはなしいただきました。
また、途中で話に飽きないように休憩を入れるなど工夫をしてくださいました。

今回は多くの方に参加いただきたいと思い、講師の方に何人迄可能か聞いたところ25名以上でも対応するというお返事をいただきました。実際に募集をすると、役員以外の参加は6名でした。参加された方には興味深いお話や楽しい体験をしていただいたと思いますが、募集人数が少なかったのはとても残念に思いました。
結果的に、お点前も練切りも少人数だったので、先生に聞きたい事を聞け、丁寧に教えていただけたと思います。

9月10月は、国内旅行と定例会があり、1回目と2回目の分科会が1週おきに開催するというタイトなスケジュールでしたが、役員の方に多く参加いただきました。駐車場も直前で変更しましたが、協力いただき有難うございます。

分科会の様子

( 林・大石 記 )